暴風雨 憧れのハウスキーパーと二人だけの夜 波多野結衣

浪人生の僕は、ハウスキーパーの結衣さんに心惹かれていた。台風が直撃していたあの日も、雨に打たれながら結衣さんは僕の家にご飯を作りに来てくれた。心配した僕はシャワーを勧めるも、色っぽく濡れた髪や、身体に服がはりついて見えるボディライン、透けたブラに興奮を隠せないでいた。その姿を見ていると、僕は内に秘めていた想いを抑えきれなくなってしまい、結衣さんに欲望と愛する気持ちを全力でぶつけるのであった…。